音楽

ONAKAMA2021を終えて

はろ

愛知、大阪、福岡と回ってきたONAKAMAツアーが終わりました

       
       

5年ぶりに回るにしては、
3カ所という公演数はとても少ない本数ですが
とても濃い3本になったと思っております

       
       

名古屋ガイシではフォーリミがトリを務め
大阪城ホールではオーラルがトリを務め
昨日の福岡マリンメッセでは我々がトリを務めさせてもらいました

       
       

地元九州公演で力が入るのはいつものことですが
昨日はいつも以上に力が入ってしまいました

       
       

5年ぶりに開催したイベントの大トリ
初めてのマリンメッセ
地元公演
このご時世での開催
       
       

力が入るには十分すぎる条件が整っております

       
       

整いすぎた条件を
甘んじて受け入れるように
序盤の2曲ぐらいまでは機材トラブルも相まって完全にあたふた男でしたが
だんだんと会場の雰囲気に順応でき始めて、中盤以降から地に足をつけて
楽しむことができました

       

ライブが好きな僕たち、そしてあなたたちにとって
この一年間というのは、
子供が大事なおもちゃを取りあげられて泣き喚くような
月に1回や2回出てくる給食の大好きなメニューが永遠に出てこないような
待ちわびた単行本の漫画が急に休載してしまうようなもので

       
       

まぁ結局何にも例えても
あの高揚に変わる形容はできないのだけど

       
       
会場で久々に爆音を聞いたみんなは
「これこれ!」となったことだろうと思います

       
       
       
       

まだまだいろんな事情を抱えて
ライブに来れない人はたくさんいて
エンタメを楽しむ余裕もない人もいるだろうけど
1日も早く、カレンダーに印をつけてその日が近づくたびに嬉しくなる日々に戻れるようになるといいな、、
とリハ後や本番後の少しキーンと耳鳴りがなるボーっとする頭で思っておりました

       
       
       
       

田辺が昨日
完全に見切り発車で
「またコロナが終息した後に今空いている隣の席が埋まった状況でONAKAMAを開催したい」
と言いました

       
       

もちろん予定はなんも決まっていません

       
       

もしかしたらチームの中では
今回が最後かな、と思っていた人も中にはいるかもしれません

       
       

ONAKAMAという個性が強すぎるメンツが集まった集団なら千差万別の考え方があるので
別にそれも驚きません

       
       

でも僕は昨日田辺がそう言い放ったことがとても嬉しく思いました

       
       

このご時世は
「何かをやりたい!」
「何を叶えたい!」
というのが少し言い出しづらくなった世の中になったように感じます

発言に触れる人が増えれば、その意見に共感できずに反論する人がいるのは
自然なことだと思います

       
       

顔が見えないSNSの中では、現実よりもその風はもっと大きく吹き荒れます

       
       

自分がやりたいことをしっかり言葉に出して
それに共感する人が増えればそれは明るい希望になって
暗闇を抜け出す力になります

       
       

僕自身昨日の田辺の言葉で
「また絶対やりたいな、次は万全の状態で、またこの3バンドで。」
と思った1人です

       
       

まぁさっきも書いたように
個性が強すぎる上に、世の中を斜めから見るような曲者メンツの集まりです

       
       

その上事務所も違えば、レーベルも違う

       
       

これからも各々が自分たちが見据えるレールの上を爆進したり、ちょっと止まってみたりすると思うので
次にどの駅で落ち合うかは僕にもわかりません

       
       

いつになるかわからない停車駅を待つのは大変なことと思うけど
いつかくるかもしれない停車駅に希望とワクワクを抱いて日々を過ごしましょう

       
       

もしその時がきて、面白そうだなと思ったら乗り込んでくれれば嬉しいです
次は空席無しの未来でお会いできるようそれまで僕らも頑張り続けます。

       
       

そんならまた

ばーい

Photo(ハマノカズシ)

POSTED COMMENT

  1. ともあき より:

    お疲れ様でした。

    一年以上ぶりのライブで正直楽しみ方も忘れてしまってました。どのバンドも大好きですけもやっぱりブルエンの皆さんの顔とブルエンのグルーヴと音作りを聞いた瞬間、全てを思い出して言葉にできない感情で心が溢れて、涙も溢れました。

    地方では感染するとすぐに特定されてしまう。そんな辛い世の中です。

    しかし、1年間、そしてONAKAMAに行く決断で苦しんだ分、今日心がスッと軽くなりました。

    あなたに憧れてずっと弾き倒したギター。でも、もっと叶えたい夢を見つけて選んだ道。このコロナで得たことは悩むこと、苦しむことより今できることに全力で挑んでいつか夜が終わることを願うことです。

    また、会いましょう。江口さんのオクターブとタッピングが大好きです。

  2. り。 より:

    ツアーお疲れ様でした。無事完走おめでとうございます。あとは2週間後の感染者ゼロ報告を願っています。
    このコロナ禍、行きたかったLIVEのほとんどが中止となりました。当たり前のようにチケットを買って当たり前のようにLIVEに行ってた日常はどこに行ったのか、、何を目標に生きようか、、なんて思う日々が多かったです。
    しかし、そんな中耳に触れる音楽も増え、BLUE ENCOUNTに出会ったものとしてはマイナスばかりではありません。
    オーラル→フォーリミ→ブルエンと出会い、まぁ、、沼ですよね(笑)ONAKAMAの沼。
    CD買ったり映像作品買ったり、、グッズ買ったり。コロナ対応してますが、それで得たお金は大好きなバンドの音楽やグッズに。それで心保ってるところもありつつ。
    3バンドが、いつかどこかの停車駅で落ち合ったとき、そこに私もいられたらいいなって思います。

  3. さえ より:

    江口さんONAKAMAお疲れ様でした!!
    大阪に行きましたが、1年ぶりにブルエンのライブを生で見られて本当に幸せでした。

    いつもライブに行っては、私も頑張ろうって気持ちになるし、自分のままでいいんだなって背中を押してもらっていました。
    去年は1年ライブがなくて、頑張ろうっていうモチベーションがなかなか湧かなくて、自分の力で頑張らないとと思ってたのですが、
    1年ぶりにブルエンのライブを生で見て、私にはブルエンの音楽が必要だなと思いました。
    これからもライブの力お借りしながら頑張ります!

    今回は一緒に行く予定だった友達がいろんな事情で行かないことになって、1人で参戦しました。もし今度ONAKAMAが開催されたら、その友達とリベンジしたいです!

    こんな状況の中でONAKAMAを開催してくれてありがとうございました!!

  4. ふみ より:

    ツアーお疲れ様でした!私は北海道から福岡ファイナル見に行きました!ギリギリまで行こうか悩みましたが3バンドの音が聞きたくて感染対策徹底して行きました!めちゃくちゃ楽しかったです!やっぱり直接見て直接聞いて行って間違いじゃなかったと思いました!北海道に帰って来てから私は会社の人から連絡が来て職場の人が会社に遠出することは禁止しないのかと咎めた人がいたそうでそのことを知らされやっぱりこうやって悪く言う人が身近にいるんだなと思いました。でも私は感染対策を徹底して行ったことも伝えましたしこのライブももちろん感染対策は徹底されてたことも伝えました。なんでこんな差別というか偏見を持たれてしまうのかが私には理解ができません。感染したら感染した人が悪いというイベント開催したら開催したのが悪いというこの状況がとても歯痒いです。田辺さんがこれからも悪く言われることがあると思うって言ってましたけど今は誰が感染してもおかしくはないかもしれないですがライブは少しずつでもいいので開催していって欲しいと思っています!4月横浜アリーナ2daysとても楽しみにしてます!
    ONAKAMAツアーお疲れ様でした☆ぜひ次は各地ツアーして欲しいです^_^

  5. まちゃまろ より:

    ONAKAMAツアーお疲れ様でした。
    私は福岡公演参加させて頂きました。
    決まっていたライブ予定も全て中止になり大好きな音楽を生音で聴くということが1年無くライブ会場に着くまでライブという実感が湧きませんでした。
    ただ目の前にいるメンバーを見て声を音を聴いてずっと涙が止まらなく、音楽はライブはなんて素晴らしいのだろうと改めて心の底から実感しました。
    今回友達が職業柄ONAKAMAの参戦を辞退し私一人だけで行きました。
    ライブが終わりこの素晴らしいライブの感想を共感し得なかったのがとても悔しかったです。
    なので田邊さんの「隣にいるはずだった仲間もつれてもう一度ONAKAMAやりませんか」という声を聞きとても嬉しかったです。
    事務所等大人の事情というものがあるとは思います。
    ただブルエン、オーラル、フォーリミ全て素敵なバンドで大好きで私たちはその音楽に支えられて生きています。
    今回行けなかった大切な友達とあの素晴らしい空間を一緒に楽しむ時が来るのを願っています。
    今回ONAKAMAを開催する事、賛否両論あったかとは思いますが、開催して頂き本当にありがとうございました!今回参加できて本当に良かったです!

  6. 544 より:

    こんな世の中でのONAKAMAの開催。
    本当に主催者側のみなさんやスタッフの方、メンバーもたくさん悩んで話し合った中での開催だったと思います。
    昨日マリンメッセのファイナルに行きました。
    ライブが始まる瞬間の高揚感にこれだ!これだ!ってとても込み上げるものがありました。
    耳がちょっとキーンってなる久しぶりの感覚に、懐かしさすらあって、今も昨日の余韻でまだ夢心地です。3バンドみんなが、心から音楽を楽しんでる姿が本当に嬉しかった。そして、音楽の力はすごい。って、改めて気付かされました。
    きっと、安心して会いたい人に会える。行きたい場所へ行ける。したいことができる。そんな当たり前の生活に戻るまではもう少しかかるかもしれません。
    気持ちが落ち込んだ時、イライラした時、辛い時、もうだめだって時、音楽を聴いて、昨日のことを思い出します。また会える日までしっかり生きます。
    また九州に帰ってきてください!!!
    待ってますね!!
    本当にありがとうございました。

  7. BINちゃん より:

    おはようございます♫
    ONAKAMAツアー、完走おめでとうございます!!
    おつかれさまでした♪
    メンバー、スタッフ、参戦した皆さんの努力が実り
    無事開催されたこと、本当によかったです◎

    皆さんが落ち合う停車駅に、私も立ちたいです!! ☆☆☆ 

  8. エンブル より:

    おはようございます☺︎

    まずは、ONAKAMA 3公演完走おめでとうございます、そしてお疲れ様でした!
    この江口さんのblogを読んでるだけでウルウルして、感動してます。
    今回は家庭の事情もあり参加できませんでしたが…行かれてる方々のリアルな感想や感動のツイートを目にしてこちらもとても楽しませていただきました。

    明るい未来のために日々個人で出来ることをして、大好きな方達に会いに行きますね!

    江口さん、ブルエンメンバー、スタッフさん皆さんお体に気をつけて下さいね。。☺︎

  9. いわっしー より:

    お疲れ様でした!
    フォーリミは19年夏フェスぶりで
    ブルエン、オーラルは19年11月のZeppワンマンぶりでした
    DRUM SONに初めてブルエンのワンマンに行って以来
    福岡の公演は欠かさず行ってて(時には聖地熊本にも行って)
    こんなにブルエンに会えない時間ってなかったので
    本当に大好きな給食メニュー食べれないような気持ちでした

    でも?だから?最高の1日でした
    いろいろ言われたでしょうが開催してくれて感謝です。

    田邊氏のあのMCの時のえぐさんの表情、今でも強く残ってて
    このブログ読みながらあの空間を思い出して泣きそうです

    実際「今だから行けない」っていつも一緒に行ってる友達がいます
    絶対にまたやってほしいです
    今度こそ全力で叫びたいです!!

  10. あづみ より:

    ONAKAMAライブレポがアーティスト側から届くのはとても嬉しくて、観客からのレポとともに楽しんでいます。遠征出来ず行けなかったけど、次がもっと楽しみになりました。
    ONAKAMAはこれで最後だと、どこかのコメントで見た記憶がありましたが、見切り発車でも自分のやりたい想いを伝える田邊さんと、それを支える江口さんの嬉しい想いが、私たちに届いたので、必ず実現するという確信が持てました。
    ONAKAMAプレイリストも聴いています♪

  11. りん より:

    更新ありがとうございます。
    ONAKAMA3公演、お疲れ様でした!そして、無事に完走できて本当に良かったです!
    私は今回参加を見送った身ですが、このブログを読んで終始鳥肌が止まりませんでした。
    田邊さんの言葉を流れてきたTwitterで見た時、「また」があるんだって希望をもらいました。私自身今回が最後と思っていた部分があったので、行けなかった自分にとってはすごく刺さる言葉だったし、またのタイミングに向けてしっかりこの気持ちを温めておこうと思えました。
    こんな世の中でも、音楽の力に支えてもらいながら頑張れています。私にとって音楽はすごい力を持つものです。そんな音楽に出会えたこと、音楽を好きでいる周りの人に出会えたことが嬉しいです。BLUE ENCOUNTを生で感じれるその日まで楽しみにしています!

  12. けいあーる より:

    実に丸1年振りにONAKAMA福岡でライブに参戦しました。江口さんの言葉通り、会場に入った瞬間のドキドキから、爆音で音を浴びたときの高揚感、それに伴う耳鳴りまで(笑)コレコレ!!これを私は求めてたんだよ!!!と思いながらずっと泣きそうなのを堪えていました。
    それが、田邊さんのあの言葉で、感情が爆発して号泣してしまいました。
    このご時世なのも相まって、次が絶対あるなんて約束できないことは100も承知です。でも、江口さんのこのブログの言葉や、MCで書いた言葉。最後にメインボーカル3人が集まって「お前言ったな!」って声を掛け合っていたあの姿とそれを見守るメンバーの優しい顔。それらが全部、次につながる布石になってるんだと信じて、何年でも待ちたいと思います!
    もちろん!4月の横アリワンマンも楽しみにしています!
    一刻も早く大手を振ってライブやライブハウスに足を運べる日常が戻ってくるように、自分にできることをコツコツやっていきたいと思います!

ともあき へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です